赤ちゃんの声って、可愛いですよね。

何て表現したらいいんだろう…あの
ほんとに何とも言えない、小さくて
甘い、「あー」とか「ふえ…」とか。

声ではないけど、一生懸命のちゅぱ
ちゅぱとか…その口から発せられる
色んな声・音が…たまらんですね…。

ピコリン ♪
180415c
妻発信の動画とメッセージ。なに?
さーちゃんが喋ってるって?まさか
そんな、さすがにまだ喋ってるとか


「んん…ぁっ くー、ぁっ くー」

180415d

喋ってるうううぅ  


可愛いなあ、表情も何か嬉しそうで。
妻が以前教えてくれた「クーイング」
とは、こういう感じを指すのかな?


調べてみよう、検索検索。ふむふむ、
クーイングは口唇を使わない発声で、
呼吸から声になっていく段階である。
母音のみの発声で、言葉のはじまり。

やがて喃語(なんご)へと移っていき、
他音節の言葉になっていく。ふむむ。

【クーイング】  【喃語】
 あー  → あーくー
 うー  → んまんま

180415a
…あれ?ぁ くーって言ってるよ?
クーイングと喃語の中間なのかな?
でもそんなにはっきりとは発声して
ないので、やはりクーイングかな?


そして、肝要なのはここ…ここです。
            ↓
「クーイングはプレジャーサインと
 呼ばれ、赤ちゃんがご機嫌な時に
 発せられると言われています」

さーちゃん、ご機嫌なのかあ~うん
うん、何か無性に嬉しいなあ、うん。 

少しずつ、声を出すための息の出し
方や、喜ぶ気持ちや…色々と育って
いってるんだな。
180415b


動画では、娘の声に妻が相槌をして、
会話をしていました。

「ぁっ くー」「うん」
「ぁっ くー」「うん」

本当に幸せな場面だね、愛に溢れて
いるね。ありがとう。