ママのおっぱいが大好きなさーちゃん。

「ママ、パイ!」

嬉しそうな声を立て妻の服の裾から潜り
込む娘。ぽっこり浮き出た頭の形がもぞ
もぞ、そんな我が家の日常の光景の中…
娘が呼ぶ。

200727a

うん…?

200727b

瞬間、私の内に二つの思いが去来する。
「かっわいい」「服めっちゃ伸びてる」

二人羽織りみたいと妻が言う。楽しそう
に動いた娘の頭がぴょこっと飛び出して、
カンガルーみたいと妻が言う。娘が妻に
包まれてる。


******************


ママ大好きなさーちゃん…というかもう
好きという言葉では表現しきれないほど、
とにかく強く…「求めてる」。日増しに。

ママ、ここ(に来て)ママ、これ(見て)
ママおいれ(おいで)ママ(どこ)ママ
マーマー!!常にママ。正直妻は、大変
だと思う。

以前に、娘と妻の事について描いた回に
「心の基地はお母さんにあるんですよね」
とコメント頂いた事があり、なるほどな、
と。ほんとそうだな、ママに包まれてる
世界の中で、色んな事を確かめ遊び学び、
ちょっとずつ遠出しては、愛を補給しに
戻ってくる。

200727c

娘にとって、ママの存在を確かめられる
対象、繋がれる時間。形ある愛、愛の形。
それがおっぱい…と言いつつ、授乳だけ
が愛の形ではないと思う。その子が愛を
感じられる関り方の一つの形として。

見守り、話し、受け止めて、ご飯を食べ、
お風呂に入り、笑って、困って、慈しみ、
そんな繰り返す毎日、一緒に生活を送る
事。形には残らないけど、日々妻が娘と
すごす時間が、娘を優しく包み、育んで
くれている。娘はその愛を毎日証明して
見せてくれている。その姿そのもので。


******************


話戻って、私がいつも可笑しく思うのは
その、まるで「約束されし我の所有物」
感だ。

200727d

一片の疑いもない。幸せだけを見ている。

言い方にもバリエーションがあって、
「さあ、私にちょうだい!」とばかりに
高らかに爽やかに告げる「ママパイ!」
もあれば、「開門せよ!」と命令する様
な強い口調の時も(笑)と思えば目覚め
てすぐの時、眠たくなって困ってる時の
「ママ…パイ…」もあったり。


安らぎ…没頭…夢中…至福の時間なんだ
ろうな…と書いていて、ふと。

家では必ず毎日聞くのに、外(お出かけ
時や妻と一緒に園のお迎えした時)では
ほとんど聞かないな?…何でだろ、外で
はやっぱりどこか緊張や…我慢をしてる
のかな。

ホームでパイ、それが娘の一番落ち着く
時間なんだなあ。



****************
Instagram★こちらから。 
(私目線の、娘の絵をのせています)
Twitter  →★こちらから。 
(最近は、毎日写真をあげています)
よろしければご覧ください!
****************
ブログランキングに参加しています
人気ブログランキング / にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログへ
  ↑
それぞれのアイコンをクリックする事で
一日一投票になります   m(_ _)m
****************