令和になった。新しい時代を迎え、更
に遠ざかる(ように思える) 過去の時代。

自分が生まれた昭和に置き換えたなら、
二つ前の時代なんて明治ですよ。でも
当然、小さな頃にはそんな事関心なか
った。明治や大正を習う学年になる頃
には、もう教科書の中の出来事だった。
何一つ繋がってる実感なんてなかった。

祖父母の年代の方達とじっくりと話す
機会が折に触れあるのだけれど、聞く
話が心底面白く、自然とわく敬意やも
っと聞きたいという思い。戦争の話も
出るし、当時の街並みの話、幼少の頃
の話、暮らしぶり、子育てをしていた
頃の話…聞きながら毎回、自分の祖父
母からもっともっとこんな話を聞いて
みたかったな、と思う。

そして同時に、娘にも、いずれじーじ
とばーばから色んな話を聞いて欲しい
な、と切に願う。昔はね…私の頃はね
と、そんな昔話を。さーちゃんが赤ち
ゃんだった頃こんな事が…という話も
良いけれど、じーじとばーばが、一人
の少年・少女として生きた時代の話を。
赤ちゃんだったパパやママを、どんな
風に育てたのかを。

血の繋がり、手から手へ時代は繋がる、
そんな風に思えたのも、君が生まれた
からだ。そんな話を聞きたいと思うに
は、大きくなって、大人になって、更
に暫くの時を要するかもしれないね。

その頃どうなっているかなと、色んな
事に思いを馳せずにいられない。健康
でいなきゃな。

時を待つか、他に手段がないかを考え
る。お話をかいてみるというのも良い
かもな。少なくとも今は、できるだけ
たくさん、両親と触れ合って、元気に
あべ!こべ?笑って泣いて、動く姿を
見せて欲しい。あなた達の子から繋が
った、輝く小さないのち。


FullSizeRender

妻の実家の和室に敷かれた布団の上で、
川の字になりながら。
おやすみなさい。


****************
Instagram → こちらです。 
(私目線による、娘のイラストです)
Twitter    → こちらです
(最近写真が多めです)
よろしければご覧ください
****************
にほんブログ村 子育てブログへ
↑それぞれのアイコンから、一日一投票ができる
様になっています、よろしければ  m(_ _)m

ブログランキングに参加しています
人気ブログランキング / にほんブログ村
****************